スタッフブログ staff blog

2014-05-15

皆さんこんにちは。


本日は登山学校のご紹介です!

6月28日(土)14:00~16:00 「疲れにくい歩き方・山の装備ウエアリング」の机上講習会を石井山専ビックロ店アースプラザにて開催いたします。


参加ご希望の方は予約制となっておりますので、お申込みよろしくお願いいたします。

詳しくは下記を御覧ください。


2014-05-13

みなさん、こんにちは!

ミレースタッフの井川です。


GWが明け早くも1週間が経過しました。

そろそろ山に行きたくなっていませんか?


私は連休明けの5/8に奥秩父の両神山へ行ってきました。

両神山は標高1,723mとさほど高くはありませんが、日本百名山のひとつに数えられ、ギザギザの山容が特徴的な山。

信仰の対象とされ、メインルートである日向大谷からの表参道には、今も数多くの石仏や石碑が残されています。

かつては、女人禁制だった時期もあったそうです。


さて、今回、私たちはメインルートではなく、八丁峠ルートを登ります。

こちらは、鎖場の連続で困難なルートとされています。


通常は上落合橋登山口まで車で入れるのですが、現在は2月の大雪の影響でニッチツ鉱山跡からは林道歩きになります。


林道脇には様々な花が咲いており、気持のよい天気の中、まずは登山口を目指します。


ハナモモ


ヤマブキ


ムラサキケマン


花を楽しみながら40分ほどで登山口に到着。

登山口には注意を促す看板が設置してあります。


このハシゴを登って登山道へ!


最初は細めのトラバース道、すぐに残雪が出てきます。

今回のルートで残雪はここの一カ所のみでした。


やがて登山道は左に折れジグザグに登って行きます。

ここには、ミツバツツジが咲いています。


さらに歩を進めると陽が差し込む斜面になり、ハシリドコロ(毒あり)


コガネネコノメソウを見ることができます。


緩やかな斜面をもうしばらく進むと、距離は短いですが、九十九折りの急登が出てきます。


急登の後はトラバースになり、抜けるとバイケイソウの群生地が現れます。

ここまでくれば八丁峠まではあと少しです。


八丁峠で小休止を取り、先に進みます。

八丁峠から先は登山道も雰囲気が変わり、岩が目立つようになってきました。


まずは、行蔵峠を目指します。

行蔵峠までもアップダウンを繰り返しながら、鎖場を通過します。

眺望も良くなってきました!


行蔵峠直下には長い鎖場が登場。


さて、次は西岳!

一度下って、また登り返します。

ここももちろん鎖場です。


この西岳~東岳がこのルートの核心部!

写真手前の稜線を登ります。


一旦、コル(鞍部)まで下ります。


もう少しでコルです。


トラバースあり



急峻な鎖場ありと飽きません。


そして東岳に到着。

きれいなアカヤシオと西岳、行蔵峠、さらに奥へと連なるギザギザの山容が印象的でした!!


そして、下山中に見つけたクサノオウ


エイザンスミレ


今回は、諸事情により東岳までとなりましたが、鎖場を存分に楽しむことが出来ました。

このルートは一般登山道ではありますが、急峻な鎖場が数多くあり、山を始めて間もないような経験の浅い登山者だけで、安易に入ってはいけないルートです。

登りはよくても、下れない!ということも十分に考えられますので、経験者の同行、もしくは岩稜歩きの経験を積んでから行って頂きたいと思います。


安全第一で山を楽しみましょう!!

2014-05-11

こんにちは、キャンプ担当の冨田です。


みなさん、ウエアを買うときに素材を見てチョイスしますよね。

今回はスマートウール(ウール素材)のお話をちょこっと。


ウール素材は、温度を保つち、夏涼しく冬温かく一年を通して快適に過ごせる特性を持っています。

なかでもメリノウールは、静電気が少なく、極細繊維で肌に優しい商品がたくさんあります。


スマートウールというブランドから出ているソックスは、

防臭・抗菌作用があるので、気になるニオイを軽減してくれる優れものです☆


そのスマートウールのソックスはいくつか厚みがあるので、

シチュエーションに合わせて選ぶことができます。



スマートウールのソックスをお持ちの方なら見たことがあるかもしれません。


このデザイン!



少しめくると、

「FEELS GOOD」の文字が!


これはちょっとテンションあがりませんか!?


全部のスマートウールソックスに書いていないので、

店頭にてご確認ください。


快適な一足と最高な気分になる文字を見て、

今日も山登りに行きましょう♪


お待ちしてまーす!


2014-05-07

みなさん、こんにちは。


ミレースタッフの井川です。


とうとうGWも終わってしまいましたね。。。

みなさんは、どんなGWを過ごされましたか?


私は、MEスタッフとGW後半前の5/2、北アルプスの蝶ヶ岳に登ってきました。

蝶ヶ岳は常念山脈にある標高2,677mの山で、5月下旬頃に見られる蝶の雪形からその名が付けられました。

また、山頂からは槍穂高連峰を目の前に望む、抜群のロケーションで人気が高いです。


さて、それでは今回のルートです。

三股 - まめうち平 - 蝶ヶ岳のピストン(登りも下りも同じ道を通ること)になります。


駐車場からはまず15分ほどの林道歩きで登山口へ。

ここには、指導センターがあり登山届を提出して出発です!


登山道に入ってすぐの橋を渡ると蝶ヶ岳と常念岳の分岐、これを蝶ヶ岳方面に進みます。


まずは、雪のない緩やかな登山道をしばらく登ります。

登山道に水が流れてきたら、もうすぐ力水(水場)に到着。

まだ、たいして歩いていないので行きはスルーします。




この先もしばらくは緩やかな登りが続き、1,600mあたりから登山道にも残雪が出てくると同時に、傾斜も少しだけきつくなってきます。


1,800mあたりまで来ると、登山道は完全に雪道に。



1,900mのまめうち平を越えるとトラバース箇所があり、規模は小さそうですが雪崩跡がありますので、上部に注意しながら通過。

そして、ここからは常念岳、前常念がバッチリ!!


しばらく続くトラバースを終えると急登になり、森林限界を目指します!!


樹林帯の急登を抜け、前方が開けてきたらもうひと頑張りで山頂です!

それにしても、空が青い!!!

この開放感がたまりません!!


先ほどの急登を登りきるとルートは北に折れ、蝶ヶ岳山頂です。



そして、なんといっても目の前に広がる圧巻のパノラマ!!!!!


御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳・焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳、大キレットを挟んで、南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・大天井岳・常念岳


もうたまりませんね!!!!!!!!

この景色が見たくて登ってきたので感無量です!!


山頂に1時間ちょっと滞在。

最高の景色を堪能して下山しました。


最後に、今回見られた花をご紹介。


ひとつめは『キクザキイチゲ』


ふたつめは『ショウジョウバカマ』


どちらも、雪融け後の沢の近くに咲く花です。


これからは花も豊富になり、冬とは違った形で私たちを楽しませてくれますね!!


今年のGWは穂高周辺を中心に各地で事故、遭難が相次ぎました。


この時期は、特に雪面の状態が変化しやすいので状況判断も重要になってきます。


どんなルートでも油断は禁物、気を引き締めて山に入りたいですね。

2014-05-02

こんにちは、キャンプ担当の冨田です。


今年もGWがやってまいりましたが、

ご予定はいかがでしょうか?


夏休みに向けても、あれしたい、ここ行きたい、と

いろいろ楽しみが増える頃かと思います。


そこで!


今月5月に石井山専ではテント塾を開催します!


5月10日(土) 11時30分~ DUNLOP

5月17日(土) 11時30分~ MSR

5月21日(水) 18時30分~ NEMO

5月25日(日) 11時30分~ ARAI TENT

5月30日(金) 18時30分~ mont-bell


定員:20名(各日)

料金:メンバー会員 無料、非会員 ¥1,000

場所:石井山専 新宿東口ビックロ店 アースプラザ


お申し込みは、石井山専 担当:清水、増田(03-5312-9550)まで!

周辺マップ
石井山専
いしいやません
石井山専
電話番号:03-5312-9550
電車でのアクセス:
東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営新宿線「新宿三丁目」駅A5直結。
JR、小田急線、京王線、都営大江戸線「新宿」駅、西武新宿線「西武新宿」駅下車、徒歩5分
新宿東口ビックロ店 8F
営業時間: 11:00~20:00
ISG 石井スポーツグループ
メルマガメンバー大募集!
アルバイトスタッフ募集
試し履き大歓迎!
ざっくりザック選んでませんか?
365日、山ウエア宣言!!
Ishii Sports Group / Japan. Tax-free Shop Information
毎月13日は石井スポーツグループ登山の日
ISG石井スポーツグループ推奨 山岳保険制度 やまきふ
ISG石井スポーツグループ推奨 山岳保険制度 ジロー
ビックロ