スタッフブログ staff blog

2017-06-30



ロングトレッキング。それは登山本来の面白さをストレートに感じられる山行スタイル。今回は奥多摩のロングトレッキングツアーのリポートと長時間歩行のコツをお伝えします!

こんにちは。ミレーの山おんな、松井です。
5/28にゼロフジのトレーニングツアーに、石井山専の清水店長とともに同行してきました!

まずは「ゼロフジ」についてのご説明!



ゼロフジとは?


石井山専×アルパインツアーがお届けする、山の日記念特別企画「0mからの富士山」の略称。

8月9日夜に田子の浦を出発し、11日に富士山登頂を目指すロングトレッキングツアーです。
海抜0mの海から登るので、高低差は3776m!総距離は約50km!

ルート最大の魅力は、江戸時代の富士登山で使われていた、村山神社から6号目を通る古道。
苔の森やお花畑など、普通の富士登山では体験できない景色が広がります。


過酷さとロマンに満ち溢れた山行、それがゼロフジなのです!
体力のあるそこのあなた!富士山を登るのは5号目からでよいですか?
いや、1号目、それよりもここは0mから登るべきでしょう!

己の登山スキルと体力を試したい方、登山力を磨きたい方、ぜひ挑戦してみませんか?

興味のある方、今からでも参加できます!
↓↓詳細はこちら↓↓

ゼロフジに向けたトレーニングツアーの一つが、今回の奥多摩ロングトレッキングです。




ロングトレッキングで大切なこと


ロングトレッキングの醍醐味は、登山本来の面白さをストレートに体感できること。

アプローチの悪さや山小屋の無さにより登山客が少なく、美しい風景や面白いルートを存分に味わえます。

また、行動時間が長く頼れる設備が無いため、己の登山スキルと体力が試され、山と自分に真正面から向き合えるのも魅力。

しかし、しっかりした事前の準備が大切になります。
以下の4つの要素を突き合わせて考え、衣・食・装備の準備をすることがロングトレッキングでは重要だと私は考えます。

1.軽量化
2.ルート
3.天候
4.自分の体力・体質・習性

それに加えて、日頃の体力づくりと体調管理も必要です。

ゼロフジでは、これらの力をトレーニング山行でつけていくことができます。



今回の奥多摩トレッキングのコース


ルート: 奥多摩駅~鋸山~大岳山~馬頭刈山~瀬音の湯
距離: 19キロ
コースタイム: 8時間20分
実際の行動時間: 11時間30分 
3Dルート図: youtu.be/HsQ347vasOs



ロングトレッキング ウェアのコツ


天候や温度の変化をより意識したレイヤリングが必要になる長時間歩行では、以下のポイントを押さえてウェア選びを!

1.軽量化しつつ体温調節しやすいウェアを選択
2.汗冷えを防ぐドライレイヤリング
3.ベースレイヤーとパンツは気温・標高・体質を考えてチョイス


この日の奥多摩は晴天で気温は24℃。
午後に一時雨の予報が出ていたので、蒸れにくく一枚で履ける防水トレッキングパンツ「ティフォンストレッチイージーパンツ」を素肌の上に直接着用。
レインパンツが省けるので荷物がコンパクトに!
ソフトシェルとしても使いやすいレインウェア「ティフォンストレッチジャケット」を選び、トップスも軽量化。


そして発汗を繰り返すロングトレッキングでは、汗冷えを防ぐレイヤリングが不可欠。
アンダーにドライナミックメッシュを着て、肌の汗を素早く上のウェアに吸わせて拡散させ、汗冷えと汗のベタつきを抑えます。
体温推移を少なくすることができるので、防寒着を少なくできる点も◎。

アンダーの上には、ベースレイヤー「サニーアルピジップショートスリーブ」をオン。
私は汗っかきなので、ポリエステル100%の中でも吸汗速乾性が抜群の生地「ポーラテック パワードライ」を使ったものを愛用。

体が冷えやすい方は、ウールとポリエステルの混紡素材がオススメ。
汗の吸収に優れるのでドライアンダーとの相性が良く、徐々に乾かしてくれるのでヒヤッとしにくく使いやすいです。

ザックは疲れにくく通気性の良いサースフェー28Lを選択。


製品詳細

ティフォンシリーズパンツ

ティフォンシリーズジャケット

ザック サースフェー

サニーアルピジップ ショートスリーブ




山行記録
奥多摩駅~鋸山~大岳山


奥多摩駅から登山口までは歩いてすぐ。
早速最初の関門、愛宕神社への大階段が、参加者14名を待ち受けます。




鋸山まではアップダウンの連続で、岩場や鎖場も数カ所あります。

東京の山に、岩場や鎖場を楽しめる場所があるなんて知らなかった!
初心者の岩山の練習にもオススメ。



鋸山を越えると、大岳山までは緩やかな稜線歩き。

むせるような新緑に、鳥がさえずり、風も涼しく心地よい時間が続きます。



大岳山に到着!
奥多摩で無数の山並みを拝めるなんて!
奥多摩のディープっぷりに感嘆。



大岳山~馬頭刈山~瀬音の湯


馬頭刈山までの稜線歩きでは、所々にヤマツツジが。


岩壁が現れたり、ロッククライミングのスポットになっている大岩があったり、ルートの景色が変化に富んでいて、歩行時間の長さをあまり感じさせない良いコースでした。


アルパインツアー児玉さんの卓越した判断力、疲れたころに登場する差し入れや、楽しい話が疲労を和らげてくれます。


最後の1時間はヘッデン歩行。
ロングトレッキングでは、日帰りでもヘッデンと替えの電池をお忘れなく!



瀬音の湯に到着~。
宿泊エリアもついた巨大できれいな温泉施設。
透明のトロトロした泉質で、日焼けしたお肌に効きそうでした。

今回の奥多摩ロングトレッキングのルートは、東京の山ながら稜線歩きや岩場が楽しめ、温泉が待っている充実感のあるコースでした!
みなさまもぜひチャレンジしてみてください。


ミレーは石井山専×ゼロフジを応援しております。
松井も7月11日(火)の「暑さ対策ウェアリング講座」にて、ウェア対策のレクチャーをさせていただきます。

ゼロフジ、ロングトレッキング、ドライレイヤリングにご興味のある方、ぜひ石井山専までお問い合わせください!
当日はスペシャルな特典をご用意してお待ちしています!
↓↓詳細はこちら↓↓


石井山専ミレー 松井

2017-06-30



こんにちは。ミレーの山おんな、松井です。


6月30日(金)よりMILLET2017夏物セール第2弾がスタート!

長袖だけではなく、半袖のTシャツや短パン、シューズも30%OFFになります。



本格的な夏に先駆けて6月30日(金)よりMILLET2017夏物セールがスタート!


 登山やアウトドアアクティビティで活躍するストレッチ性や吸汗速乾性に優れた高機能アイテムから、タウンユースでも快適に使える定番のTシャツやパンツまで、今が旬の人気アイテムが30%OFFにてお買い求めいただけます(一部除外品あり)


富士登山や野外フェスなど、イベント盛りだくさんのシーズンに最適なアイテムを豊富に取り揃えました。
是非この機会をお見逃しなく!

※詳しくはスタッフまでお尋ねください。




石井山専ミレーおすすめアイテム



石井山専ミレーのイチオシは、吸汗速乾トランスファーレイヤーの
「レッドニードルスジップ ショートスリーブ 」と「サニー アルピ ジップ ショートスリーブ 」。


メンズ「レッドニードルスジップ ショートスリーブ 」
定価 8,900円+税 ⇒  セール価格 6,230円+税

レディース「サニーアルピジップ ショートスリーブ 」
定価 6,900円+税 ⇒  セール価格 4,830円+税


ドライアンダーや素肌の上に着ると、素早く汗を吸い上げ、拡散・乾燥させてくれる逸品です。



発汗⇔汗の乾きを繰り返しても、途中でウェアを脱いだり着たりするのが難しいのが登山。
そこで、どんな標高や天候でも、登山の天敵である汗冷えや蒸れを起こさず、体を快適に保つためのウェアの工夫が必要になります。


この「レッドニードルスジップ 」と「サニーアルピジップ」はポーラテックパワーグリッド素材を使用し、吸汗性・通気性・速乾性が抜群のトランスファーレイヤー。
素肌やドライアンダーからスピーディーに吸い上げた汗を素早く拡散・速乾させ、汗冷えや蒸れを防ぎ、登山者の高いパフォーマンスの維持をサポートしてくれます。




製品詳細

<メンズ>
レッドニードルスジップ ショートスリーブ


素材:ポーラテック® パワーグリッド™ライト ポリエステル100%
価格:定価 8,900円+税 ⇒  セール価格 6,230円+税





<レディース>
サニー アルピ ジップ ショートスリーブ


素材:ポーラテック® パワーグリッド™ライト ポリエステル100%
価格:定価 6,900円+税 ⇒  セール価格 4,830円+税


セールでお得にドライレイヤリングアイテムをゲットして、温度差の激しい夏山も快適に楽しんでください!



なお、ドライアンダーの効果や選び方については、ぜひこちらのブログをご覧ください!

「ドライアンダーで汗冷えやベタつきを解消しませんか?」

http://yamasen.ici-sports.com/staff_blog_detail.php?p=3438



石井山專ミレー 松井


2017-06-26

梅雨に入りジトジトしてきました。このジトジトした期間を乗り越えれば、暑い夏へと変わります。登山シーズンにおいて最も人気な夏山登山。地図とにらめっこしプランニングを立てている方もいるのではないでしょうか?

夏山といえば気持ちよく晴れていても、いきなりスコールのような雨が降ったり、山頂や気持ちの良い稜線に辿り着くまでの、長く続く急登の樹林帯で汗をいっぱいかいたりと様々な環境が待ち受けているのが夏山です。

登山において体が濡れてしまう1番の原因って「汗」なのです。個人差もございますが約2Lの汗をかき、その汗がウェアを濡らしているのです。濡れたウェアが肌にまとわりつき、吸汗速乾ウェアが乾くまでヒンヤリして体を冷してしまう事を「汗冷え」といいます。

体を冷してしまうと、平熱を維持しようとするのでエネルギーを消費してしまいバテて行動不能になったり、最悪のケースでは低体温症になり死に至るケースだってあるのです。

そこでファイントラックが商品開発したのが、体を濡らさない超撥水アンダーウェア『ドライレイヤー』なのです。

どのようなアンダーウェアかと言うと、かいた汗がドライレイヤーを透過して吸汗速乾ウェアへ汗が移行される。移行された汗は肌へ逆戻りしないので常に一方通行。この魔法のようなアンダーウェアを着用するだけで、「汗冷え」が解消されて快適なマウンテンライフを送れること間違いないです。文章だと伝えづらく分かりにくいと思いますので下記動画をご参照ください。


ドライレイヤー

https://youtu.be/9ylKrRxsToo



内側からの濡れ対策は『ドライレイヤー』でしっかり対策。次に外側からの濡れ(雨)から守るものと言えばレインウェアです。

レインウェアと聞くと一般的には、生地がゴワゴワして突っ張る、重くてかさばる、蒸れやすいといった物が多いとは思いますが、このレインウェアの嫌なイメージを解消したのが独自開発した『エバーブレスフォトン』なのです。

3層構造なのですが一般的なレインウェアと違って生地がしなやかでゴワゴワしにくい。裏地もニット素材を使っているので肌触りも良し。両わき腹付近に効率よく蒸れを逃がすベンチレーションを配備。レインとしてだけでなく1枚でマルチに使えるシェルです。

足上げを何度も繰り返すシーン、鎖場や岩場のシビアな環境においても生地がストレッチをするので動きが思いのまま。重いザックを背負っても首、肩周りの部分に突っ張り感がないのでストレスフリー。パンツシルエットも足裁きの邪魔にならいようスリムシルエット。

表裏生地にも耐久撥水を施し、耐水性も抜群なのでスコールのような激しい雨でも対応します。他にも細かい事を言えばたくさんあるのですが、こちらも文章だけではイメージがつきにくいと思うので、下記動画をご参照ください。


エバーブレスフォトン

https://www.youtube.com/watch?v=9JLF_RjxFY8


如何がでしたか?何となくイメージは湧きましたか?

内側からの濡れ対策としてドライレイヤーを。これによって汗冷え知らずの体を手に入れて、外側からの濡れ対策としてエバーブレスフォトンを。こちらは縦横無尽の動きでウェア内の蒸れも瞬時に解き放ち、快適なマウンテンライフが楽しめる事でしょう。

上記、2点はただいまファイントラックコーナーにて夏山登山の極意と称したコーナーにて展示していますので、お時間ある方は一度遊びにいらして下さい。この夏も、安全・安心して登山を楽しみましょう。

2017-06-25



どんなコンディションでも快適に登山するために必要なのがウェアの「ドライレイヤリング」。今回はその要となるドライアンダーの効果や選び方をお伝えします!


こんにちは。ミレーの山おんな、松井です。


登山では、発汗⇔汗の乾きを繰り返しても、途中でウェアを脱いだり着たりするのが難しいですよね。
そこで、どんな標高や天候でも、汗冷えや蒸れを起こさず、体を快適に保ち高いパフォーマンスを発揮し続けるために必要なのが、ドライレイヤリングです。





登山の天敵「汗冷え」をドライレイヤリングで防ぐ

汗をかきながら、気温の高い山麓から、気温が低く風の強い稜線に移動した際などによく起こる「汗冷え」。
肌についた汗が蒸発する際の気化熱で、体の表面温度が下がり、体温が奪われる現象です。


疲労によるペースダウンや腹下し、ひどい場合は低体温症を招く、登山の天敵です。

しかしながら、汗を肌から素早く離したり、蒸れを逃がしたりする性能に優れたウェアを重ね合わせることで、予防することができます。


そんなドライレイヤリングの要となるアイテムが、ドライアンダーです。





ドライアンダーの選び方

ドライアンダーは、肌から汗を素早く吸い上げ、上に着たウェアに拡散させることで、肌をドライな状態に保ち、汗冷えやベタつきを抑えてくれるアイテムです。


私は、ドライアンダーを選ぶときの大事なポイントは、以下のようなものだと考えています。


1.吸汗・速乾スピードが速い
2.体温推移が小さい(暑くも寒くもなりにくい)
3.上に着たウェアからの汗戻りが起こりにくい





ミレードライナミックメッシュ

私は一年を通して、ミレーのドライナミックメッシュを愛用しています。

夏の穂高の岩稜で長時間の大雨に打たれたとき、冬の富士山で吹雪いたとき。ドライナミックメッシュを着ていて良かったと思った瞬間が沢山あります。


悪天候でも、集中して山と向き合い、楽しんでこれたのはこのアンダーのおかげだと思っています。
もうこのアンダー無しには、なかなか山への挑戦は考えられません。

着用していて感じるのは、ドライナミックメッシュの以下のような魅力です。



1.クイックに吸汗・速乾
疎水性の高いポリプロピレンが素早く汗を上のウェアへ移し、メッシュの高い通気性が、上のウェアのスピーディーな乾燥を促進。
肌のドライな状態を維持します。


2.適応をキープ
ポリプロピレンの熱伝導率の低さと、メッシュの高い通気性が、登山により体の内側から起こる「熱」と「外気温」の適度なバランスを保ち、体温推移を小さくしてくれます。


3.トランスファーレイヤーからの汗戻りを防ぐ
かさ高の高いメッシュ生地が、汗で濡れた上のウェアの張り付きをブロック。湿った生地が直接肌に触れる気持ち悪さを解消してくれます。




製品詳細

<メンズ>


DRYNAMIC MESH NS CREW
素材:ポリプロピレン66% ナイロン28% ポリウレタン6%
価格:¥4,600 (本体価格)+税



<レディース>

LD DRYNAMIC MESH TANK TOP
素材:ポリプロピレン66% ナイロン28% ポリウレタン6%
価格:¥5,300 (本体価格)+税




ドライなミックメッシュの詳細はミレーのHPでもご覧いただけます!

http://www.millet.jp/drynamic/


みなさまもドライアンダーを活用したドライレイヤリングで、温度差の激しい夏山も快適に楽しんでください!



なお、山の日特別企画ゼロフジ(0mからの富士山)に向けた「暑さ対策、ウェアリング」講座にて、松井がドライレイヤリングについてご説明させていただきます!!


7月11日(火)18時半から石井山専ビックロ店アースプラザにて開催します。
ゼロフジやロングトレッキングやドライレイヤリングにご興味のある方、ぜひご参加ください!


当日はスペシャルな特典をご用意して、みなさまをお待ちしています!
ぜひお越しください!


↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓

https://www.ici-sports.com/climbing_school/school/detail.php?id=667



石井山専ミレー 松井

2017-06-24

ザック担当の木村です。

本日より『GREGORY フィッティングキャンペーン』を開催致します。

期間は6/24(土)~7/23(日)となります。


※自分の背面長がわからない、どのようにザックを選べば良いのかわからないなど

 ありましたらお聞きください。優しく、丁寧のご案内させていただきます。

 皆さまのご来店心よりお待ちしております。

周辺マップ
石井山専
いしいやません
石井山専
電話番号:03-5312-9550
電車でのアクセス:
東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営新宿線「新宿三丁目」駅A5直結。
JR、小田急線、京王線、都営大江戸線「新宿」駅、西武新宿線「西武新宿」駅下車、徒歩5分
新宿東口ビックロ店 8F
営業時間: 11:00~20:00
ISG 石井スポーツグループ
メルマガメンバー大募集!
アルバイトスタッフ募集
試し履き大歓迎!
ざっくりザック選んでませんか?
365日、山ウエア宣言!!
Ishii Sports Group / Japan. Tax-free Shop Information
毎月13日は石井スポーツグループ登山の日
ISG石井スポーツグループ推奨 山岳保険制度 やまきふ
ISG石井スポーツグループ推奨 山岳保険制度 ジロー
ビックロ